インプラントイメージ

インプラントは技術力のある歯科医に面倒みてもらうのがポイント

2年半ほど前に奥歯の下の歯を一本インプラントで入れました。
その時には最初はブリッジで歯を入れることを考えていたのですが、歯科医からインプラントを進められてはじめてその存在を詳しく知ることとなり、実際にどの歯医者で入れればいいのかを研究するところから私とインプラントの関係ができるようになっていきました。
この術式には色々なものがあり、材料も中国製や国内製によってかなり施術料自体が変わることもわかりました。
私はやはり国内の部材を使って安心して使えるものを提供してくれる歯科クリニックがいいと思っていたのですが、実際にいろいろと探してみるとこのインプラントにかかる費用というのはかなりクリニックごとに異なることがわかってきたのです。
それこそ安いところなら1本で10万円もしないところもありますし、30万以上の価格を提示するところもあり、どのように歯医者を選択すればいいのかかなり迷うこととなってしまいました。
そこで3箇所程度の医院にアプローチをして見積もりをとることを思い立ちました。
実際には紙で出してくれるところはあまりありませんでしたが、金額については大体理解できることとなり、やはりかなり金額差があることを発見した次第です。
また医院によってこうした治療の施術実績を積極的に開示しているところと、そうでもないところがあることもわかり、歯医者さん自体にかなり技術の差があることもわかってきたのです。
そこでできるだけ情報を開示してくれる歯科医を選択し、実際に治療を受けることとなりました。
説明を受けてみますと、結構治療が完了してから3年や5年といった時間が経過した段階で抜けてしまったり歯周病でだめになってしまったりということが多く発生するようで、どの歯科医もそうした残存率をふくめて成功率を呼んでいることもよくわかりました。
やはり治療がうまいことと、その後の自分自身のケアがしっかりしていることがインプラントの成功率を高めることなのだということもはっきり理解することができ、実際にインプラントを入れてもらってからは常に歯周病にならないように歯茎の健康を保ち清潔にするといった作業を怠らないようにしています。
お陰で今も私の入れた人工歯はしっかりとしており、どんなに硬いものでも自分の歯と同じように利用できる状態が保たれています。
半年に一度は今も歯科医のところに行って定期的にチェックをしてもらうようにしていますが、やはりこうした施術は面倒見がよくて技術の高いクリニックを選択することが最大のポイントだと思います。

Copyright(C) 2011 歯科.com All Rights Reserved.